ホテル旅館向けチャットボット、契約500軒突破、トリプラ発表

  • 2019年9月5日(木)

 旅行業界向けにIT・AIサービスを展開するtripla(トリプラ、東京都中央区)は9月5日、多言語AIサービス「triplaチャットボット」を導入したホテル旅館、旅行会社などの施設が500施設を突破したと発表した。

 同社は2017年1月にサービスを開始。これまでに藤田観光、野口観光、京王プラザホテルなど大手ホテルグループをはじめ、独立系のホテルや旅館でも導入が進んでいる。

 今年8月には、ワシントンホテルが運営する「ワシントンホテルプラザ」、「R&Bホテル」、「名古屋国際ホテル」の3つのホテルブランドの全42施設が導入するなど、日本国内の導入施設は524施設となった。

 triplaチャットボットは、ゲストのお問い合わせに、AIと多言語対応チャットオペレーターがサポートする。AIの自動回答率は90%に及び、メールを60%削減できているという。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

タイムマシーンがあったら

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ