東京・新橋で「酒まつり」、福島県内150銘柄が勢揃い-8月29、30日

  • 2019年8月26日(月)

 福島県が主催する、「ふくしまの酒まつり」が8月29、30日の2日間、東京・新橋のSL広場で開かれる。

 県内52の酒蔵から150銘柄が一堂に揃う人気イベントで、毎年3万人以上が来場する。

 福島の酒は、2018年酒造年度の全国新酒鑑評会で、22銘柄が金賞を受賞。金賞受賞数は、7年連続9回目の1位だった。新種鑑評会は毎年4-5月にかけて審査、発表されている。

 「ふくしま酒まつり」では、ステージショーのほか、県産農林水産物を使った、福島の酒に合うつまみも多数楽しめる。

 時間は両日とも16-20時。飲食は全てチケット制で、所定の枚数で酒、つまみに交換できる。前売券は6枚つづりで1000円。日本橋ふくしま館で販売している。当日券は5枚つづりで 1000円。会場で販売する。

 イベントは福島復興事業として行われているもので、会場では福島県のフック状況も報告され、来県を呼びかける。

 10月26、27日の2日間、福島駅東口駅前通りでも、同様のイベントを行う。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

タイムマシーンがあったら

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ