全日空とスターフライヤー、中部/福岡線のコードシェア拡大

  • 2019年8月24日(土)

 全日本空輸(ANA)と、スターフライヤー(SFJ)は21日、ウインターダイヤ期間中の2019年10月27日~2020年3月28日の間、SFJが運航する北九州-那覇線において、引き続きコードシェアを実施するとともに、2019年10月27日以降、福岡-中部線についてコードシェア便を1日3往復から6往復へ増便すると発表した。

 ANAとSFJは、SFJが運航する羽田-北九州/大阪(関西)/福岡/山口宇部、福岡-中部、および北九州-那覇線(期間限定で3月31日~10月26日の間まで運航)の計6路線でコードシェアを行っている。

 「ANAとSFJはコードシェアを実施することで、今後も顧客の利便性向上に努める」と関係者。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ