じゃらん宿泊旅行調査19を発表(2) 食は石川、宿は大分―テーマ別魅力度ランキング

  • 2019年8月5日(月)

 じゃらん宿泊旅行調査恒例のテーマ別都道府県別魅力度ランキングの19年版もあわせて発表された。

 「地元ならではの食べ物」は、石川県が2年連続1位で高知県、北海道と続くトップ3の顔ぶれは変わらず。8位に「牛タン」の宮城県と「ちゃんぽん」の長崎県、10位に「マグロ」の和歌山県がそれぞれトップ10入り。

 「魅力的な宿泊施設」は、おんせん県・大分県が4年連続で首位を堅持。2位は沖縄県、3位には3ランクアップの熊本県が入った。4位和歌山県、7位兵庫県、9位三重県が新たにランクイン。有力な温泉地を有する地域が上位に多いようだ。

 「特産品・土産」「地元の人のホスピタリティ」「大人が楽しめるスポットや施設・体験」「現地での観光情報の入手」で沖縄県が今年も1位に。TDRを擁する千葉県が複数の項目でトップになるなどテーマパーク人気も目立った。

 (前の記事)じゃらん宿泊旅行調査19を発表(1) 18年度は2年連続で宿泊微増


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ