JR西日本、広島県内に新観光列車を投入 20年秋、せとうち広島DCにあわせ

  • 2019年7月22日(月)

 JR西日本は7月17日、2020年秋ごろに広島県内の路線に観光列車を導入すると発表した。同年10―12月に広島県を中心とする瀬戸内エリアを舞台に展開する「せとうち広島デスティネーションキャンペーン(DC)」にあわせてのもの。

 同社では、瀬戸内エリアの観光活性化を図る「せとうちパレットプロジェクト」を実施中。せとうち広島DCはその一環として開くもので、観光列車はDCを盛り上げる素材として投入する。

 観光列車は呉線・山陽線の宮島口―尾道駅間。キハ47系気動車2両編成の列車を走らせる。発着駅や停車駅は今後決める。

 なお、これにより現行の「瀬戸内マリンビュー」は運行を終える。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
ワンクリックアンケート

健康の悩みがありますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ