4月の国際線需要は5.1%増、国内線も好調

  • 2019年6月9日(日)

 国際航空運送協会(IATA)によると、4月の国際線需要は前年比5.1%増となった。座席供給量は3.8%増で、このためロードファクターは1.1ポイント増の82.5%となった。国内線を含めたロードファクターは82.8%で過去最高を更新したという。

 方面別で需要が最も伸長したのは欧州の8.0%増で、このほか北米が5.5%増、ラテンアメリカが5.5%増と米州も好調に推移した。ロードファクターが最も高かったのも欧州で1.1ポイント増の85.7%であった。


IATA 2019年4月 国際線需要動向

方面RPK
前年比
ASK
前年比
L/FL/F
前年比
アフリカ+1.1%+0.1%72.6%+0.7pt
アジア太平洋+2.9%+3.7%80.8%-0.6pt
欧州+8.0%+6.6%85.7%+1.1pt
ラテンアメリカ+5.2%+4.0%82.8%+0.9pt
中東+2.9%-1.6%80.5%+3.5pt
北米+5.5%+3.2%82.2%+1.8pt
合計+5.1%+3.8%82.5%+1.1pt

IATA 2019年1月~4月 国際線需要動向

方面RPK
前年比
ASK
前年比
L/FL/F
前年比
アフリカ+2.5%+1.1%71.2%+1.0pt
アジア太平洋+4.1%+4.3%81.0%-0.2pt
欧州+7.0%+7.1%83.3%+0.0pt
ラテンアメリカ+5.0%+5.3%82.3%-0.2pt
中東-0.1%+1.7%75.4%-1.3pt
北米+4.6%+3.5%81.3%+0.8pt
合計+4.5%+4.7%80.7%-0.1pt

IATA 2019年4月 国内線需要動向

市場RPK
前年比
ASK
前年比
L/FL/F
前年比
オーストラリア-0.7%+0.4%79.5%-0.9pt
ブラジル+0.6%-1.1%81.9%+1.4pt
中国+3.4%+5.4%84.3%-1.6pt
インド-0.5%+0.5%88.6%-0.9pt
日本+3.4%+2.6%67.3%+0.5pt
ロシア+10.4%+10.4%81.0%+0.0pt
米国+4.1%+3.8%84.7%+0.2pt
合計+2.8%+3.2%83.2%-0.3pt

IATA 2019年1月~4月 国内線需要動向

市場

RPK
前年比
ASK
前年比
L/FL/F
前年比
オーストラリア-1.0%-0.7%79.0%-0.2pt
ブラジル+3.0%+1.9%82.4%+0.9pt
中国+7.8%+8.2%84.1%-0.3pt
インド+5.7%+7.9%87.5%-1.8pt
日本+3.1%+2.5%69.7%+0.4pt
ロシア+11.3%+10.9%78.6%+0.3pt
米国+4.7%+4.8%82.9%-0.1pt
合計+4.8%+4.9%82.1%-0.1pt
◯有償旅客キロ(Revenue Passenger Kilometer、RPK)=運航距離×有償旅客数
◯有効座席キロ(Available Seat Kilometer、ASK)=運航距離×座席数
◯ロードファクター(Load Factor)=RPK/ASK

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ