訪日客数、4月は微増の293万人、GW10連休が影響

  • 2019年5月21日(火)

 日本政府観光局(JNTO)によると、今年4月の訪日外客数は前年比0.9%増の292万6700人となり、単月の最高記録を更新したものの、伸び率は微増にとどまった。観光庁は、初のゴールデンウィーク10連休により出国者数が大幅に増加した結果、航空券の手配が難しくなり、あわせて航空券・宿泊施設などが高騰したことが影響したとの見方を示している。1月からの累計は4.4%増の1098万500人で1000万人を突破した。

 上位を占める東アジア4市場では、韓国11.3%減、台湾が14.2%減とともに2桁減。中国は6.3%増、香港は8.3%増だった。市場別ではタイ、フィリピン、ベトナム、インド、カナダ、英国、フランス、イタリア、ロシアが単月の記録を更新。中国、豪州、米国、ドイツ、スペインは4月の記録を更新した。シンガポール、インドネシア、マレーシアは減少した。

※訂正案内(編集部 2019年5月22日09時50分)
訂正箇所:タイトル
誤:276万人

正:293万人
お詫びし訂正いたします

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
ワンクリックアンケート

ユーチューバーで好きなのは?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ