HIS・クルプラ・ベストワン、20年GWにMSC新船で合同チャーター

  • 2019年5月16日(木)

左からクルーズプラネットの小林敦氏、HISの中森氏、MSCクルーズジャパンのモレリ氏、ベストワンドットコムの澤田氏  エイチ・アイ・エス(HIS)、クルーズプラネット、ベストワンドットコムの3社は5月16日、来年のゴールデンウィークに3社の合同による「MSCベリッシマ」のチャータークルーズを実施すると発表した。同船は3月に就航した新造船で、乗客定員は5686人。総トン数は17万1598トンで、日本に来航する客船では過去最大という。HISとその子会社のクルーズプラネットは過去にも共同チャーターを実施しているが、3社による実施は始めて。

 同日に発売した商品は「MSCベリッシマで航く 南国土佐と石垣島・宮古島・台湾 美ら海クルーズ9日間」で、4月28日に横浜を出港し、石垣島、台湾の花蓮、宮古島、高知の順に寄港して横浜に帰着する。旅行代は2人1室利用・食事込みで大人1人あたり15万8000円から98万円までとし、1室を3人から5人で使用する場合、3人目以降の旅行代金は13歳以上を半額、13歳未満を無料とする。港湾税や船内チップなどは料金に含まない。

MSCベリッシマ  船内では「シルク・ドゥ・ソレイユ」によるショーを上演。加えて、「アリゾナアクアパーク」「ミニ&ジュニアクラブ」などの遊戯施設も備えており、幅広い世代にアピールして3世代旅行などを取り込む。

 16日に都内のHIS本社で開催した記者会見では、HIS取締役専務執行役員の中森達也氏が、国内における近年のクルーズ人気を受け、同社グループのクルーズ事業も急拡大していることを説明。また、HISの利用者層に鑑み「若いファミリーや3世代にアピールできる」とさらなる需要の取り込みに意欲を示した。また、販売は日本国内にとどめず、海外からのフライ&クルーズなどによる利用者も獲得したい考えを示した。

 クルーズプラネット代表取締役社長の小林敦氏は「クルーズ旅行の認知度は業界内でもまだまだ低い」との見方を示した上で、今回の共同チャーターを市場拡大の手段としたい考えを説明。3人目以降の13歳未満無料化や、独自の子供向け船内イベントなどで、家族客にアピールしたい考えを示した。

 昨年に東証マザーズに上場したOTAのベストワンドットコムにとっては、チャータークルーズは初めての取り組み。代表取締役社長の澤田秀太氏は「新たな販売チャネルとして参画し、今回のチャーターに貢献したい」と述べるとともに、その後もお盆などの時期に他社との共同チャータークルーズを企画したい旨を語った。

 なお、クルーズプラネットの代表取締役会長は、HIS代表取締役会長兼社長の澤田秀雄氏の妻のまゆみ氏で、ベストワンドットコムの澤田氏は秀雄氏の長男。3社が協働に至った背景については中森氏が「(MSCベリッシマの)サイズは大きい。1社でも多いほうが良いと思い私が声をかけた」と説明し、小林氏も「ベストワンドットコムには既に商品を提供している」と述べた。3社で定めた販売シェアはクルーズプラネット、HIS、ベストワンドットコムの順に大きいという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ