アルペンルートが開通、「雪の大谷」の迫力を 富山県立山黒部

  • 2019年5月15日(水)

 立山黒部貫光営業推進部の沼田健太郎さん、河合佐紀さん、同社西日本営業所の二本松信吾さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、4月15日に全線開通した山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート(TKA)」の今シーズンの取り組みを紹介した。

 TKAでは今年から、シーズン突入を告げるシンボルである巨大な雪壁「雪の大谷」を歩くイベント名称を「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」に改称。「6月22日までの69日間にわたって開催されるイベントには年間で約30万人が国内外から訪れます。雪の大谷の回廊を歩いていただいて雪壁の迫力と美しさ、自然の神秘を感じてください」と沼田さん。

 二本松さんは「今年は室堂に加え、大観峰に『アナザーステージ』を開設しイベントエリアを拡大します。大観峰駅屋上の雲上テラスには巨大なかまくら『雪のポケット』、大観峰駅2階テラスには『雪のトンネル』も登場していますので、ぜひ訪れてください」。

 河合さんは「アルペンルートの魅力を知るにはガイドさんの同行が一番です。ガイドさんと一緒にアルペンルートの魅力に触れてみてほしいですね」。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ