大阪で島根の伝統芸能 「石見神楽なにわ館」がオープン

  • 2019年4月25日(木)

 島根県の伝統芸能、石見神楽を公演する常設施設「石見神楽なにわ館」が4月25日、大阪市浪速区にオープンした。同館の髙橋郁夫館長が「世界に通用する芸能」と感銘を受け私費を投じて開設したもので、国内外から年間1500人の集客を目指す。

 同館の舞台は間口7メートル、奥行5メートルの本場と同じ設え。座敷とイス席で約100人を収容、ロビーには石見神楽の関連資料なども展示している。

 4月15日に関係者を招いて行われた内覧会では、石見神楽を代表する演目「大蛇」を上演。同館専属の大阪社中の皆さんが、昨年秋からの特訓の成果を発揮し迫力ある神楽を披露した。

 髙橋館長は「昨年1月に動画サイトで石見神楽を初めて見た。私が受けた感動を一人でも多くの人に体感してもらいたい」。また、島根県浜田市在住で大阪社中の指導に当たった安藤美文総監督は「石見にある150社中に負けないように休みなしで練習してきました。これから少しずつ演目を増やしていきたい」と話していた。

 上演は、金土日と祝日の14、17時の2部制。入場料は3千円で、チケッツなどでも取り扱う。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ