ユニバーサルマナーを学ぶ 全旅連JKKが京都でセミナー

  • 2019年4月11日(木)

 全旅連・女性経営者の会(JKK、松崎久美子会長=熊本県・ふもと旅館)はこのほど、京都市の京都タワーホテルでオープンセミナーを開いた。関係者約80人が参加した。

 セミナーは、日本ユニバーサルマナー協会の岸田ひろ実理事を招いて「誰もが共に暮らしやすい未来へ―ユニバーサルデザインから考えるおもてなし」と題し開催した。

 岸田理事は冒頭「ユニバーサルマナーは高齢者や障害者、ベビーカー利用者、外国人ら多様な人々と向き合うためのマインドとアクションで、自分とは違う人たちの視点に立って行動すること」と説明。ユニバーサルマナーを身につけることは特別な知識を得ることではなく、心遣いの一つであることを訴えた。

 さらに「無関心でも過剰すぎでもない、さりげない配慮が大事」であることを強調し「まずは『何かお手伝いすることはありませんか』と声をかけることから始めましょう」と話した。

 このあと日本ユニバーサルマナー協会の関係者と参加者らでユニバーサルマナーに関してのディスカッションも行われた。セミナーの最後にはセミナー参加者へユニバーサルマナー検定3級の認定書が授与された。

 松崎会長は「旅館ホテルは多様なお客様がお越しになるところ。ユニバーサルマナーを身につけて、お客様をお迎えしたい」と話していた。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ