宿泊業倒産、18年は78件・492億円、件数は過去20年で最少に

  • 2019年1月16日(水)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、2018年における年間での宿泊業の倒産発生状況(負債額1000万円以上)は、件数が前年と同じ78件、負債総額が2.1%減の492億3400万円となった。1999年からの過去20年間で比較すると、件数は前年と並んで最少、負債総額も2年ぶりのマイナスとなったほか、500億円を下回るのも2年ぶりで、過去20年でも16年の431億6000万円に次いで低い水準となった。

東京商工リサーチ資料より(クリックで拡大)

 原因別では販売不振が43件、形態別では破産が46件となり、いずれも前年からは1割以上減っているものの全体の過半数を占めた。地区別で中部が27件となって2年連続の最多となったことも特徴という。また、従業員数が5人未満の企業が39件と最も多くなったが前年の51件は下回った。増えたなかでは20人以上50人未満の11件(前年4件)、10人以上20人未満の12件(8件)が目立っている。

 なお、12月単月では倒産件数が2件減の3件、負債総額が97.4%減の4億4500万円となった。負債総額の大幅な減少は、前年にリーガロイヤルホテル広島とリーガロイヤルホテル小倉の旧運営企業2社による大型倒産があったためという。

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ