タイ・ライオン、GSAにDepartures、代表は元SU営業部長

  • 2019年1月8日(火)

 12月7日に初の日本路線として成田/バンコク(ドンムアン)線の運航を開始したタイ・ライオンエアー(SL)はこのほど、日本地区総代理店(GSA)にDeparturesを任命した。日本地区支配人はアシアナ航空(OZ)東京支店営業部長、アエロフロート・ロシア航空(SU)日本地区営業部長などを歴任した、代表取締役社長の大城成二氏。営業部長はスイスインターナショナルエアラインズ(LX)、アリタリア航空(AZ)、エティハド航空(EY)などで勤務した岸本洋一氏が務める。

 SLは今後、2月15日に福岡/ドンムアン線のデイリー運航を開始する予定(福岡発は16日から)。3月8日からは週5便の中部/ドンムアン線、同28日からは同じく週5便の関空/ドンムアン線の運航も開始する。現在は政府認可申請中で、いずれも使用機材はB737MAX9型機を予定。成田線はA330-300型機を使用している。

 なお、中部線については、当初は1月16日からの運航を予定していたが「システムなどの不具合」により延期。関空線も3月2日の就航を延期している。

※訂正案内(編集部 2019年1月9日10時45分)
訂正箇所:第2段落
福岡発便の開始日などを加筆しました。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ