日本産農産物を直販 JTB、関空に「ジェイズアグリマーケット」オープン

  • 2018年11月30日(金)

 JTB(髙橋広行社長)は12月3日、大阪府泉佐野市の関西国際空港第1ターミナル・国際線ゲートエリア内に、日本産農産物を販売する店舗「ジェイズアグリマーケット」をオープンする。

 国際線の出国審査後のエリアに開設する店舗で、訪日外国人客に人気があるイチゴやブドウ、ミカンなど旬の果物を中心に取り扱う。

 JTBでは2017年9月に越境EC(電子商取引)サイト「ジェイズアグリ」を開設し日本産農作物の海外直販を行ってきた。

 オープンする販売店舗では、日本出国の7日前までにサイトで購入した検疫済みの商品を受け取ることができ、海外への輸送コストがかからずに済む。さらに訪日外国人にとっては、日本国内滞在中、手ぶらで観光できるメリットもある。

 ジェイズアグリマーケットは、8時30分から19時30分に営業する。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ