北海道の稚内サンホテルが破産申請、負債5.3億円

  • 2018年11月20日(火)

 東京商工リサーチ(TSR)によれば、北海道で「稚内サンホテル」を運営していた稚内サンホテルは11月14日、旭川地方裁判所に破産を申請した。負債総額は約5億3000万円。

 同社は1974年に創業し、78年に会社設立。地元有志の出資を得て、JR稚内駅と稚内フェリーターミナルの近くで同ホテルを運営し、1992年2月期には7億2293万円の売上高を計上していた。450名を収容できる大宴会場が目玉の1つとなっていた。

 しかしその後は、駅周辺に大手ホテルが進出したことで競合が激化し、2018年2月期の売上高は約1億8000万円にまで低下。あわせて、老朽化により防火扉の危険性が指摘されたものの、大規模改修工事のための資金調達のめどが立たず、今回の措置となった。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ