児島デニムとフルーツ、新酒に旅の価値あり 岡山県

  • 2018年11月1日(木)

 岡山県晴れの国イメージアップ推進班副参事の下田博道さんと、岡山県観光連盟の松野理絵さんがこのほど、トラベルニュース社東京オフィスを訪れ、倉敷市の一角を占めるジーンズのまち児島の紹介や、おかやまフルーツ、県産の酒米「雄町米(おまちまい)」からできる地酒のおいしさをPRした。

 冒頭、2人は7月豪雨後の状況について、「倉敷の美観地区をはじめ、県内の観光地、観光施設は以前と変わりなくお楽しみいただけます」。

 児島は国産ジーンズ発祥の地。ジーンズストリートを中心にジーンズショップやカフェ、レストラン、ギャラリーが集積し、雰囲気のあるまちを作っている。「最近はデニム地の浴衣で、まち歩きを楽しんでいる旅行者も見かけますよ」と松野さん。

 フルーツの紹介では、お土産に岡山産のシャインマスカットをお持ちいただいた。品質の良さと安定した供給で、贈答品としても喜ばれている品種だ。その日のうちにおいしくいただきました。ピオーネ、マスカット・オブ・アレキサンドリア、オーロラブラックと、岡山産ブドウは、東京でもいずれも人気がある。

 雄町米は、4大酒米の1つで江戸時代末期に岡山市雄町の農民が発見した酒米。丈があり、倒れやすく、病害虫に弱いため、90%以上が県内で生産されているそうだ。雄町米を原料にした日本酒愛好家は「オマチスト」と呼ばれ、雄町サミットも開かれるほど。

 下田さんからは「岡山の水で仕込んだ新酒を味わいに、ぜひ足を運んでみてください」。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ニュージーランド航空で、もっと楽しい空の旅
求人広告
ワンクリックアンケート

会社から携帯電話(スマホ含む)を支給されていますか?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ