山形・上山温泉の材木栄屋旅館が破産申請、負債2.6億円

  • 2018年10月1日(月)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、山形県上山市の材木栄屋旅館は9月14日、山形地方裁判所に破産を申請した。負債総額は約2億6000万円。

 1921年に創業した老舗の温泉旅館で、創業当初は「栄屋」として営業していたが、当時の本業は材木業だったため「材木栄屋」として親しまれていた。その後は1956年に会社を設立し、2008年に大規模リフォームを実施してからは「木の香の宿 材木栄屋旅館」として営業していた。

 ピークの1993年6月期には売上高約2億5200万円を計上したが、以降はバブル崩壊や同業他社との競合激化などにより減収で推移。09年6月期には売上高が1億円を下回るとともに、過去の赤字計上により債務超過に陥った。

 その後は、上山温泉開湯555周年記念イベントや、JR東日本のデスティネーションキャンペーンなどの追い風を受けて、業績復調に努めたものの、17年6月期には赤字を計上。過去の設備投資に要した借入金返済も負担となり、資金繰りが逼迫するなか、代表者の体調不良も重なり、今年8月31日には事業を停止していた。

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
求人広告
ワンクリックアンケート

買うならどのスマートスピーカー?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ