19年は「日本香港観光年」、相互交流と路線の維持拡大めざす

  • 2018年9月26日(水)

2019日本香港観光年ロゴ 香港政府観光局(HKTB)と観光庁、日本政府観光局(JNTO)は来年の1年間を「2019日本香港観光年」として相互交流の拡大に取り組む。日本と香港の間では2009年にも観光交流年を設定した過去があり、今年はそれから10年目の節目。昨年には交流人口が初めて300万人に達し、さらに今後は港珠澳大橋の開通などのトピックも控えていることから、新たに観光年を実施して需要喚起と航空路線の維持、拡大をめざす。

 HKTB側は1月から12月まで、地方都市で旅行会社や航空会社との共同キャンペーンやオンラインのプロモーションを展開。また、日本からの旅行者に対してスターフェリーとトラムの無料券など各種の特典も提供する予定で、詳細は19年1月に発表予定という。

9月21日にはツーリズムEXPOジャパンの会場内で記念式典を開催した

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

買うならどのスマートスピーカー?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ