富山の「ホテル黒部」旧運営会社が特別清算、新会社が事業継続

  • 2018年8月23日(木)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、富山県黒部市の宇奈月温泉で旅館「ホテル黒部」を経営していたHK整理会社(旧社名:ホテル黒部)はこのほど、大阪地方裁判所からより特別清算開始決定を受けた。負債総額は約7億円。事業は新たに設立した旧社名と同名のホテル黒部が継承している。

 同社は1963年に創業し、76年にホテル黒部の商号で会社設立。「ホテル黒部」は黒部峡谷とトロッコ電車を一望できるロケーションで人気を博していたが、バブル崩壊後は業績低迷が続き、2014年10月期には売上高が約2億7000万円にまで縮小した。

 その後、15年10月期は北陸新幹線の開業効果により、売上高は約3億5000万円にまで回復したものの、過去の減価償却処理などから黒字には至らず、その後は客室稼働率が再び低下。膨らんだ多額の借入金も重荷となり、財務状態の改善が難しいことから、17年11月には同名のホテル黒部を新設し、今年2月に会社分割により旅館事業を譲渡。旧ホテル黒部はHK整理会社に社名を変更して今回の措置となった。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
ワンクリックアンケート

増税前にまとめ買いを

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ