全日空、国内線113便を欠航、7月6日から-787エンジン点検

  • 2018年7月5日(木)

NHのB787型機のロールスロイス社製エンジン  全日空(NH)は7月6日から12日まで、国内線113便を運休する。現在進めているB787型機のロールスロイス製エンジンの点検・整備において、部品交換が必要となるエンジンが増加することを受けたもの。対象は羽田発着の10路線で、そのほか9日から12日にかけて羽田発石垣行きのNH89便を2時間遅らせる。国際線の運航に影響はないという。

 欠航便を予約済の利用者には、NHの国内線予約・案内センターまたは旅行会社を通じて振替便などを案内する。13日以降の運休の可能性については精査中としている。

 ロールスロイス製エンジンについては今春、米国連邦航空局(FAA)と欧州航空安全局(EASA)が「トレント1000」の一部を搭載したB787-8型機とB787-9型機の運航条件に制限を設け、国土交通省も耐空性改善通報(TCD)を発出。長時間運航によりエンジンの劣化が進む可能性があるとして、エンジン2基のうち1基が停止しても飛行可能な時間を、最大207分から最大140分に短縮している。該当機材を使用しているNHは羽田/シドニー、マニラ線の機材変更を実施した。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
TABI Butler
ビズリーチ

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ