気象庁、蔵王山の警戒レベルを引き上げ-火山性微動を確認

  • 2018年1月30日(火)

 気象庁は1月30日、蔵王山の噴火警戒レベルを2の「火口周辺規制」に引き上げた。28日から30日にかけて複数回の火山性微動が観測されたことなどを受けたもので、30日午後2時に10分以上に渡って観測された火山性微動の振幅はこれまでで最大の規模だったという。

 今後は小規模な噴火が発生する可能性があることから、想定火口域の「馬の背カルデラ」から約1.2キロメートル以内については、飛散する噴石に注意するよう呼びかけている。また、火口の風下側については、火山灰や小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれもあるとしている。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ