長野の別所旅館が破産申請、負債4.6億円

  • 2018年1月31日(水)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、長野県上田市の別所旅館はこのほど、長野地方裁判所上田支部へ破産を申請した。負債総額は4億6000万円。

 同社は1929年に設立し、別所温泉内で老舗の温泉旅館「朝日館」を運営。近年の景気低迷により2011年6月期の売上高は約8000万円にまで落ち込んでいたが、その後は営業努力により集客力が回復し、17年6月機にはNHK大河ドラマ「真田丸」の効果もあって売上高は約1億円を計上したという。

 しかし、過去の設備投資による金融債務の負担が重く、財務面は低調で、昨年12月4日には事業を停止。事後処理を弁護士に一任していた。

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
TASA後払い
求人広告
ワンクリックアンケート

まわりで自己破産した人を

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2018」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ