宮城・小原温泉の旅館かつらやが事業停止、負債7億円

  • 2017年11月7日(火)

 東京商工リサーチ(TSR)によれば、宮城県の小原温泉の旅館かつらやはこのほど事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約7億円。

 旅館かつらやは1967年に設立。経営していた同名の旅館は老舗の温泉旅館として知られ、設備も充実しており遠方からの宿泊客も多かった。最盛期には約4億円の年間売上高を計上した。

 しかし、ここ数年は他社との競争激化などから伸び悩み、採算性も低く連続で赤字を計上していた。2016年7月期の売上高は約2億円にまで低下。年間売上高を大きく上回る借入金を抱えて資金繰りが逼迫し、業績改善の見通しが立たないことから事業継続を断念したという。

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ