気象庁、霧島山の新燃岳に入山規制、噴火で警戒レベル3に

  • 2017年10月12日(木)

 気象庁はこのほど、九州南部の霧島山の中央部に位置する新燃岳について、噴火警戒レベルを2の「火口周辺規制」から3の「入山規制」に引き上げた。11日午前に噴火が発生したことを受けたもの。

 同庁は、噴火の継続や火山性微動の振幅拡大などが見られることから、今後も活動が活発化するおそれがあるとして、火口から2キロメートル以内では飛散する大きな噴石や火砕流に注意するよう呼びかけている。そのほか、爆発的噴火に伴う大きな空気振動による窓ガラスの破損などにも警戒すべきとしている。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
求人広告

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ