東武とマリオット、20年に銀座で「AC」開業、アジア初

  • 2017年10月8日(日)

ホテルの外観のイメージ  東武鉄道とマリオット・インターナショナルはこのほど、2020年夏に「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」を開業すると発表した。「ACホテル」は、マリオットが米大陸や欧州で100軒以上を展開している若者向けのブランドで、アジアでの出店は初めて。両社の提携によるホテルは07年に開業した「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」、20年夏に開業予定の「ザ・リッツ・カールトン日光」に続く3軒目となる。

 同ホテルは「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」に隣接する東武鉄道の所有地で出店。このことについて両社は「ターゲットの異なる2つのホテルで、増加する訪日外国人の多様なニーズを捉える」と説明している。運営は「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」と同じく、東武ホテルマネジメントが担う。

 建物は地下2階・地上15階で、客室数は296室となる予定。館内にはレストラン、バー、フィットネスジム、会議室なども設ける。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ