気象庁、霧島山の新燃岳に火口周辺警報、警戒レベル2に

  • 2017年10月6日(金)

 気象庁は10月6日、九州南部の霧島山の中央部に位置する新燃岳について火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から2の「火口周辺規制」に引き上げた。9月23日頃から火山性地震が増加していることを受けたもの。

 同庁は、今後は小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、火口から1キロメートル以内では噴石に注意することなどを呼びかけている。

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ