高松空港民営化、三菱連合が優先交渉権者に、来春運営開始へ

  • 2017年7月26日(水)

 国土交通省は7月26日、2018年4月からの高松空港の民営化について、運営権の優先交渉権者に三菱地所、大成建設などからなるコンソーシアムを選定したことを発表した。8月中に基本協定を、10月に実施契約を締結する予定。その後、コンソーシアムは12月にターミナルビルの運営事業に着手し、18年4月から空港の運営事業を開始する。契約期間は最長で73年3月31日までの55年間となる。

 なお、同コンソーシアムが提案している事業計画の概要は、基本協定の締結後に公表する予定。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

消費者が旅行会社に求めているものは何だと思いますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ