観光庁、宿泊施設にテロ対策徹底を要請、夏休み見据え

  • 2017年6月27日(火)

 観光庁観光産業課は6月26日付で、日本旅館協会や全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)など宿泊業界の4団体に対して、7月15日から8月31日までのテロ対策の徹底を要請する通達を発出した。夏休みによる旅行者の増加や、イベントなどへの多くの人出が予想されることを受け、注意を促している。

 具体的には、宿泊者名簿を正確に記入し、宿泊者が訪日外国人旅行者の場合には国籍やパスポート番号の併記、パスポートのコピーの保存などを実施するよう要請。また、捜査機関から情報提供を求められた場合には協力すること、不審者を発見するために施設内の巡回や点検をおこなうこと、事件や事故の発生時の連絡・救助体制の再確認や訓練などを実施するよう求めている。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ