楽天トラベル、GW国内旅行は10.5%増、伸び率1位は青森

  • 2017年3月30日(木)

 楽天がこのほど実施した2017年ゴールデンウィーク期間(4月29日~5月7日)の国内旅行予約動向調査によると、予約人泊数は前年比10.5%増となった。宿泊日にGW期間が含まれる予約の人泊数を3月1日時点で集計したもので、今年は宿泊日から6ヶ月以上前の予約の件数が15.3%増。10ヶ月以上前については36.1%増となるなど、早期予約が増加したという。

 都道府県別の伸び率ランキング1位は青森県で38.1%増に。次いで三重県が35.4%増、鹿児島県が28.4%増となった。1位の青森県は桜の満開の時期がゴールデンウィークに近いと予想される弘前・黒石エリアが54.8%となったほか、八甲田・奥入瀬・十和田湖周辺エリアも53.4%増と大きく伸長した。また、今年1月には中国の奥凱航空(BK)が天津/青森間の定期便チャーターを就航しており、訪日客の予約が284.6%増と大幅に増加したという。

 2位の三重県は、4月21日から5月14日まで開催する「第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)」の影響で、伊勢・二見エリアが60.5%増。そのほかには志摩エリアが63.9%増、鳥羽エリアが42.3%増などとなった。志摩エリアについては、志摩スペイン村を訪れる子供連れの家族客の予約が大きく増加し、全体の48.2%を占めたという。

 3位の鹿児島県は、北薩エリアが71.4%増となったほか、沖永良部島・与論島エリアが57.1%増、バニラエア(JW)が3月に関空/奄美大島線を就航した奄美大島・喜界島・徳之島エリアが54.9%増となるなど、離島が人気を集めた。都道府県別の伸び率ランキングは以下の通り。


▽楽天トラベル、2017年GWの国内旅行先 人気上昇エリアランキング
1位 青森県 38.1%増
2位 三重県 35.4%増
3位 鹿児島県 28.4%増
4位 埼玉県 24.3%増
5位 高知県 24.0%増
6位 沖縄県 20.9%増
6位 香川県 20.9%増
6位 茨城県 20.9%増
9位 長崎県 20.0%増
10位 神奈川県 19.8%増

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

タイムマシーンがあったら

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ