北海道の板倉会館など2社が民事再生法申請、負債計15億円

  • 2017年2月7日(火)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、北海道深川市の板倉会館と関連会社の板倉はこのほど、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。負債は板倉会館が約7億7000万円、板倉が約7億5000万円で、合計は約15億2000万円。

 板倉会館は1947年に鮮魚店として創業した後、80年に会社を設立。結婚式場などの運営に事業転換し、84年には2階建てのホテルを新築してホテル業に参入した。95年7月期にはピークとなる年間売上高約6億4000万円を計上。しかしその後は過疎化による利用者の減少などで、業績が低迷していた。

 98年には同市内にレストランを併設した結婚式場「イルムの丘聖マーガレット教会」をオープン。春から秋までの稼働率は高かったものの、冬の閑散期の負担が大きく、こちらも採算が悪化していた。近年は金融機関の支援を受けながら経営再建に取り組んだが、業績は改善せず今回の措置となった。

 関係会社の板倉は74年に設立。本社やホテルなどの不動産の一部を所有していたが、板倉会館とともに今回の措置となった。

■国内・訪日ニュース

OFC無料講座
求人広告
ワンクリックアンケート

ドラえもんの道具で欲しいのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ