JTBロイヤルロード、訪日向けに画廊・建築物を巡るSIT商品

  • 2017年1月16日(月)

 JTBロイヤルロード銀座はこのほど、訪日外国人向けの新たな日帰り商品「Ginza Art Gallery Hopping Tour with Guide」と「Architecture Tour with Guide」の販売を開始した。近年、日本の絵画や芸術作品の鑑賞、近代建築の見学などを希望する声が増えていることを受けて企画したもので、どちらも専用車を利用し、ガイドが同行する。出発日はともに今年の1月13日から2018年3月31日までで、一部の曜日は除く。

 「Ginza Art Gallery Hopping Tour with Guide」では、東京国立博物館の常設展で縄文時代から江戸時代までの美術作品や、彫刻や陶磁器、刀剣などを鑑賞する。その後、専用車で画廊が点在する銀座エリアへ移動し、参加者のニーズにあわせた画廊へ案内。商談や買い物の手伝いもおこなう。ツアーの除外日は日曜、月曜、祝祭日。

 「Architecture Tour with Guide」では、歴史的建造物を移築した野外博物館「江戸東京たてもの園」を見学する。その後、専用車で表参道エリアに移動して昼食を取り、食後は原宿駅から表参道駅を通り、根津美術館までの約2キロメートルの道中で、有名建築家がデザインした建物の外観を徒歩で見学する。ツアー除外日は月曜日のみ。

 旅行代金はともに、大人1名2万4000円から12万円までとした。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ