東京3種のスウィングツアーが破産申請へ、負債3500万円

  • 2016年11月24日(木)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、東京都品川区に本社を置く第3種旅行業者のスウィングツアーは、11月21日までに事務所を閉鎖し、破産手続きを弁護士に一任した。負債総額は債権者約70社に対して約3500万円。

 スウィングツアーは全国旅行業協会(ANTA)の加盟会社。債権者のうち団体旅行を申し込んでいた10社には、ANTAの弁済保証金制度により最大300万円が債権額割合に応じて弁済される見通し。

 同社の設立は1990年5月で、資本金は1200万円。金融機関や官公庁などを得意先として、バス旅行や慰安旅行などを手がけていた。ピーク時の2008年3月期には売上高約2億円を計上していた。しかし近年は売上高が減少し、16年3月期には売上高が約5000万円にまで低下。特に東日本大震災以降の需要減が大きく、経営を維持できなくなったという。なお、破産申請には2ヶ月から3ヶ月程度を要する見込み。

■国内・訪日ニュース

UC
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

東京オリンピック観戦チケットの抽選申し込みに

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ