JR西、ホテルを3ブランド構成に、大阪弥生会館跡地に新ホテル

  • 2016年11月17日(木)

外観イメージ 西日本旅客鉄道(JR西日本)は11月16日、大阪駅近くの大阪弥生会館跡地に新ホテルを開業することを発表した。JR西日本は現在、シティホテルの「グランヴィア」と宿泊特化型ホテルの「ヴィアイン」を運営しているが、新ホテルは「ハイクラス宿泊特化型ホテル」と位置付ける新ブランドを冠する計画。これにより、JR西日本が運営するホテルのブランドは3つとなる。

 新ブランドの名称は未定だが、大都市圏に滞在するビジネスパーソンやFIT旅行者をターゲットとして「上質な客室・空間」の提供をめざす。西日本エリアを中心に展開し、グループホテルの主力ブランドの一つに育てたいという。

 また、今回発表した新ホテルは3200平方メートルの敷地に8階建て、延床面積約1万4000平方メートルの建物を建設。客室は約400室とし、レストラン1店舗なども設ける計画だ。開業は2018年春をめざす。

■国内・訪日ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ