ANA総研とぐるなび、「温泉と食」で機構、自治体と協働

  • 2016年9月26日(月)

記者会見の様子  ANA総合研究所とぐるなびは10月3日に「ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構」を設立する。日本の温泉地を拠点に景勝地などを訪問し、各地の食を体験するロングステイを訴求するもの。自治体と協力して、日本ならではの魅力である温泉と食文化をあわせて発信することで、国内外から観光客の誘致をはかる。会長には東京都市大学教授の涌井史郎氏、副会長には日本観光振興協会(日観振)理事長の久保成人氏、ぐるなび代表取締役社長の久保征一郎氏、ANA総合研究所会長の浜田健一郎氏の3氏が就任する予定。事務局はANA総合研究所が担う。

 「ツーリズムEXPOジャパン2016」の会場で開催した記者会見で涌井氏は「日本ならではのヘルスツーリズムを発信する。今後は『ONSEN』を国際語にしていきたい」とコメント。また、理事長に就任予定のびゅうトラベルサービス顧問の見波陽一氏は、同機構の活動を「温泉と食に注力し、地域をブランド化する新しい取り組み」と説明した。

 今後は、温泉地の周辺の自然や食を楽しむ「ONSEN・ガストロノミーウォーキングコース」を自治体から募集し、申請した自治体を会員として認定。会員は毎年1回以上、ガストロノミーウォーキングイベントを開催する。11月19日には第1弾として、別府市で「キックオフウォーキング」を実施する予定。5年以内に100の自治体を会員として認定し、年間100回以上のイベント開催をめざすという。

 そのほか、日観振の協力のもと国連世界観光機関(UNWTO)と連携し、海外の自治体や団体とも提携を進める考え。また、応援団として「ONSEN騎士団(シュバリエ)」を結成し、国内外で団員を募集する予定で、5年間で3万人の加入をめざす。

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

買うならどのスマートスピーカー?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ