函館に「フォーポイントバイシェラトン」、初の外資系ホテル

  • 2016年8月7日(日)

    ブランドのロゴ  ケン・コーポレーションは9月1日に、JR函館駅前の「ロワジールホテル函館」を「フォーポイントバイ シェラトン函館」にリブランドする。同社グループはスターウッドホテル&リゾートとフランチャイズ契約を締結しており、提携は「シェラトン ラグーナ グアム リゾート」に続く2軒目。「フォーポイントバイ シェラトン」は日本初出店で、函館に国際的なホテルチェーンが出店するのも初めてとなる。北海道新幹線の開業で増加する国内からの旅行者に加えて、訪日外国人旅行者の獲得もめざす。

ホテルの外観  同ホテルは地上13階・地下2階建てで、「夜景スイートツイン」1室を含む総客室数は197室。館内には4つの料飲施設に加えて、4つの宴会場、2つの会議室を有する。

 開業後は通常通り営業する一方で、11月中旬から5億5000万円を投じて、客室やロビーなどの大幅なリニューアル、システムの更新、ビジネスセンターなどの新設を段階的に実施。2017年4月下旬にはグランドオープンするという。リニューアル後は一部客室の統合により194室となる。

■国内・訪日ニュース

シンガポールトラベルマート&セミナー2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

平成のスターといえば?

投票する

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ