ANAグ、ベトナム航空と資本提携、コードシェアなど視野に

  • 2016年1月12日(火)

 ANAグループはこのほど、ベトナム航空(VN)とアジア地域での戦略的な業務・資本提携について基本合意した。同グループが海外の航空会社との資本提携に合意したのは、アシアナ航空(OZ)に続き2社目。全日空(NH)はスターアライアンス、VNはスカイチームに所属しており、アライアンスを越えての資本提携は今回が初めてとなる。同グループは今回の提携により、コードシェア便の運航やマイレージの提携などをおこなう予定。

 今回の提携では、ANAグループがVNの株式の約8.8%を2兆4310億ドン(約130億円)で取得。ベトナム政府当局からの認可取得などが条件で、最終契約の完了は今夏を見込む。

 ANAグループは中期経営戦略として、新たな成長領域の拡大に向け、航空関連ビジネスを中心としたアジアへの戦略的投資に取り組んでいるところ。ベトナムは、アジアのなかでも成長が見込まれるCLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)の経済的な中心に位置し、今後の経済発展が期待できることや、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の参加国であることなどから、日本発およびベトナム発の需要に加え、アジアから北米への以遠需要の取り込みもはかる。

 コードシェアは今年中に開始したい考えで、当初は日本/ベトナム間を、その後は日本およびベトナムの国内線も対象としていく予定だ。VNは現在、日本航空(JL)とコードシェアをおこなっているが、NH広報部では「我々とのコードシェア開始時にJLとのコードシェアを解消しているかどうかは分からないが、資本提携をおこなうということは、我々を優先してもらえるという風に認識している」との見方を示している。このほか、ANAグループの取締役をVNの取締役として派遣する。

 なお、NHは日本/ベトナム間において、羽田/ハノイ線と成田/ホーチミン線を運航中。VNは成田、羽田、関空、中部、福岡からホーチミン、ハノイなどへ直行便を運航している。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

タイムマシーンがあったら

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ