ANAグ、訪日旅行者向け情報サイト新設、土産取置サービスも

  • 2015年11月23日(月)

 ANAグループは11月19日、訪日外国人旅行者の地方送客を促すプラットフォームサイトとして「ANA EXPERIENCE JAPAN」を開設した。国土交通省が認定した7つの「広域観光周遊ルート」を中心に地方の観光情報などを発信するもので、使用言語は英語、中国語繁体字・簡体字。あわせて季刊の小冊子も制作し、15万部を無料配布する。

 ANAグループはこれまで、全国各地の都市や文化などの情報を発信するウェブサイト「IS JAPAN COOL?」、各都道府県の食文化を紹介するプロジェクト「Tastes of Japan by ANA」、訪日外国人旅行者向けの運賃「ANA EXPERIENCE JAPAN FARE」などの取り組みを実施してきたところ。新たなウェブサイトでは、外国人旅行者の受け入れに注力する自治体や事業者などの参画を募り、一元的に情報を発信するという。すでに広域観光周遊ルートのうち北海道と九州の2ルートの情報を公開しており、残りのルートの情報も順次公開する。

 また、16年1月からは同サイト上で、外国人旅行者の利便性向上と店舗送客に向けた独自のサービス「取り置き予約(仮称)」も開始する。訪日前にインターネット上で商品の購入予約をおこない、来日中に店舗で決済し、商品を受け取れるようにするもので、こちらも地方を含む流通小売事業者の参画を募る。同サービスを運営する全日空商事によれば、目標とする規模は「数年以内に数十店舗」で、管理面での負担などを勘案すると「数百、数千店規模はない」という。

 そのほか、さまざまな観光関連企業が提供する訪日外国人旅行者向けの情報やサービスについても、同サイトで発信する。現時点での主な協力企業はぐるなび、ベルトラ、セブン銀行、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム、ナビタイムジャパンなど。

▽ANAグループ、「ANAEXPERIENCE JAPAN」
http://www.ana-exjapan.com/

■国内・訪日ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

好きな寿司ネタは?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ