ハイアット、19年にニセコで開業、日本初のレジデンス併設

  • 2015年11月9日(月)

 ハイアットホテルズアンドリゾーツは北海道のニセコで2019年に、日本では初めて「パーク・ハイアット・レジデンス」を擁するリゾートホテル「パーク・ハイアット・ニセコHANAZONO」を開業する。香港の不動産開発会社のパシフィック・センチュリー・プレミアム・ディベロップメンツが開発する「ニセコHANAZONOリゾート」内にオープンするもの。ハイアットホテルズアンドリゾーツは現在、日本国内でハイアットブランドのホテルおよびリゾート施設を10軒展開している。

 新たなホテルはニセコHANAZONOリゾート内のゲレンデに隣接し、総客室数は約100室となる予定。詳細は未定だが、施設内にはレストランやバー、会議場、スパ、フィットネスセンター、屋内プールなどを設けるという。

 併設する「パーク・ハイアット・レジデンス」については約100室を分譲販売する。なお、レジデンスの購入者は、所有する部屋を宿泊施設として貸し出す「レンタルプログラム」に参加することも可能。購入者が部屋を使用していない期間は、ハイアットホテルズアンドリゾーツがホテルの客室として運営するという。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ