政府、沖ノ島の世界遺産推薦を決定、17年の登録めざす

  • 2015年9月9日(水)

 政府はこのほど、外務省で「世界遺産条約関係省庁連絡会議」を開催し、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界遺産に推薦することを決定した。9月末までにユネスコ世界遺産センターへ暫定的な推薦書を、2016年2月1日までに正式な推薦書を提出する予定。16年9月頃にユネスコの諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)による現地調査を受け、17年7月頃に開催される第41回世界遺産委員会での世界遺産登録をめざす。

 「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、天照大神の御子神である三女神を祀る宗像大社の「沖ノ島(宗像大社沖津宮)」「宗像大社辺津宮」「宗像大社中津宮」に加え、沖ノ島の拝殿としての役割を担う「沖津宮遙拝所」、沖ノ島祭祀をおこなった古代豪族宗像氏の墳墓群「新原・如山古墳群」の5資産で構成される。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ