観光庁、3地域の観光圏を追加認定-北海道、新潟、香川で

  • 2015年4月13日(月)

 観光庁は4月10日、3地域を「観光圏」として追加認定した。同庁では観光圏整備法に基づき、国内外の観光客が2泊3日以上滞在する、滞在交流型観光のできる観光圏の形成を促進しているところ。今回新たに北海道、新潟県、香川県で3地域を認定しており、観光圏は合計13地域となった。

 認定したのは、「水のカムイ観光圏(釧路湿原・阿寒・摩周)」「トキめき佐渡・にいがた観光圏」「香川せとうちアート観光圏」の3つ。水のカムイ観光圏は北海道の釧路市と弟子屈町、トキめき佐渡・にいがた観光圏は新潟県の新潟市と佐渡市から構成。香川せとうちアート観光圏は香川県の高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、土庄町、小豆島町、三木町、直島町、宇多津町、綾川町、琴平町、多度津町、まんのう町の8市9町から成る。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ