エースJTB、15年は旅先でのプラン拡充、東北・北海道強化も

  • 2015年1月25日(日)

 JTB国内旅行企画は1月23日、エースJTBの2015年度上期商品を発表した。基幹商品の赤パンフレットでは、宿泊施設ごとの楽しみ方を新たに提案。また、旅先の過ごし方に焦点を当て、地域コンテンツを活用した商品やサービスを拡充する。FITが増加する中、旅行会社だからこそ実現できる、個人が現地で楽しめるプランを提案し、商品やサービスを引き続きアピールしていく方針だ。

 同社では2014年度から、赤パンフレットの新たな商品規準として「赤パンフレットのお約束」を設定しており、今年も継続。年間50万件以上の顧客アンケート評価に基づいた好評価の宿泊施設を選定し、景色や眺望の良い部屋を用意するなど5つの「お約束」を提供する。

 また、今年は新たに宿泊施設ごとの楽しみ方を「エースJTBのお約束」として提案する。プールなどの設備の特別利用や部屋の眺望指定、食事の内容、早期割引など、宿泊施設ならでは、またはエースJTB限定のサービスを用意し、旅行商品として提供するサービスの明確化と宿泊の一層の充実をはかる。

 地域コンテンツを活用した商品やサービスでは「旅をもっと楽しく変える」をテーマにした「旅の過ごし方」プランを前年比15%増の全298コース設定。「そのとき、そこでしか出会えない感動を」をテーマに地域独自のプランの掘り起こしをはかった「感動の瞬間(とき)100選」は、2倍増の160コースを設け、全赤パンフレットの巻頭に掲載する。

 例えば、旅の過ごし方では、九州で「やまなみわくわく(湧く湧く)レンタカー」プランを用意。レンタカーで九州の温泉や湧水の名所などを周遊するプランで、タオルや空のペットボトルなどをレンタカーに用意した。感動の瞬間100選では、北海道の6ヶ所で、ゴンドラ・ロープウェイで早朝の雲海などを楽しむ「エースJTBアーリーライド」プランを新設。富良野、ニセコ、留寿都、旭岳温泉、層雲峡ではゴンドラ・ロープウェイの通常運行前に乗車する。


▽東北と北海道方面を強化

 15年度の強化方面としては東北と沖縄を設定。東北は、JTBグループの全社キャンペーン「日本の旬」キャンペーンを展開し、東北の新しい過ごし方の提案として、春から初夏の「新緑」に焦点を当てたプランを用意した。新緑スポットを巡る周遊バスの運行や、早割「新緑割引」などを設けたほか、「感動の瞬間100選」でも「新緑のブナ林“白神の森遊山道”」などを取り上げた。

 北海道ではアーリーライドに加え、世界遺産登録10周年の知床エリアで「知床早朝ウォークとヒグマクルーズセットプラン」など、北海道ならではの大自然が楽しめるプランを用意した。このほか昨年度に引き続きUSJエリアと沖縄を強化。沖縄は、エースJTBラウンジを4施設増やす。

 さらに、増加する訪日需要への対応をはかり、赤パンフレットの添乗員同行コースで、訪日外国人旅行者と混載に対応したツアーも実施する予定だ。まずは1、2コース、バスツアーで実施する予定で、状況を見ながら全国的に展開していく考え。詳細は2月または3月に発表する見込みだ。

 なお、2015年度の目標は、14年度の実績の目処がついてから設定する予定。JT広報室によると、1月時点では、14年度当初目標の売上高3100億円を達成する見込みだという。15年度については、消費増税の影響も一段落し、北陸新幹線の開業や9月のシルバーウィーク、ガソリン価格の低下による車を利用したレジャー需要の回復などから、旅行意欲は堅調に推移すると見ている。

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ