三井ガーデンホテル、銀座にミレニアムと新店、訪日需要獲得めざす

  • 2014年12月15日(月)

(左から)三井不動産アコモデーション事業本部ホテル事業部長の鴉田隆司氏、ミレニアムアンドコプトーンホテルズCEOのウォン・ホン・レン氏、三井不動産ホテルマネジメント代表取締役社長の足立充氏 三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは12月17日に、東京・銀座に「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」をグランドオープンする。シンガポールのホンリョングループが世界24ヶ国で展開する「ミレニアム&コプトーンホテルズ」と三井ガーデンホテルズの協働によるもので、「ミレニアム」ブランドの日本進出はこれが初めて。ホンリョングループが土地と建物を所有し、三井不動産グループが貸借して運営する。主なターゲットは女性客および訪日外国人旅行者とした。

 両社はウェブサイトやパンフレットにおいて相互に情報を掲載。三井不動産グループはミレニアムのウェブサイトからも予約を受け付けることで、訪日外国人旅行者の取り込みをはかりたい考えだ。三井不動産ホテルマネジメント代表取締役社長の足立充氏は15日に開催した記者発表会見で、「海外で認知度の高い『ミレニアム』ブランドを冠することで、インバウンドの宿泊客を取り込む」と強調。三井不動産アコモデーション事業本部ホテル事業部長の鴉田隆司氏も「2020年の東京オリンピックを控えた絶好の機会に、日本の良さを感じ取っていただけるホテルにしていきたい」と意欲を見せた。

 同ホテルは、地上14階・地下1階の全329室で、東京メトロの銀座駅から徒歩2分、東銀座駅から徒歩1分の利便性の高い場所に位置する。一部の客室からは歌舞伎座などを望むことも可能で、「十二月大歌舞伎」の鑑賞チケットとデラックスツインルームでの宿泊を合わせたプランなども、既に販売を開始している。

「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」の外観。デザインのコンセプトは「織(weave)」 デザインは外観・内観ともに、訪日外国人を意識し「和」の雰囲気を演出。外観は「三井ガーデンホテル 京都新町 別邸」をデザインした石川雅英氏が手がけ、篭の編み目をモチーフとした。内装は香港に拠点を置くデザイン事務所の「CL3」が手がけ、アジア的かつミニマルなデザインで統一した。

 客室には通常の客室に加え、「コンセプトルーム」として、ミキモトコスメティックスとの協働による「パールルーム」、日本橋「箔座」との協働による「箔座 金箔ルーム」を1室ずつ設置。室内インテリアに真珠または金箔をあしらい、各ブランドの化粧品や入浴剤などを備えて、訪日外国人旅行者に「クールジャパン」を印象づける特別仕様の客室とした。

 三井不動産広報部によれば予約は11月26日から開始。約半分が海外のウェブサイト経由で、立ち上がりは「予算に対して概ね好調に推移している」という。

※詳細は後日、フォトニュースで紹介

■国内・訪日ニュース

旅行業振興機構
OFC無料講座
求人広告
ワンクリックアンケート

ドラえもんの道具で欲しいのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ