主要50社、6月国内旅行は1.7%増、外国人旅行は3割増

  • 2014年8月25日(月)

 観光庁が取りまとめた2014年6月の主要旅行会社50社の旅行取扱概況で、国内旅行の取扱額は前年比1.7%増の3085億4060万円となった。観光庁によると、円安の影響で海外旅行よりも国内旅行を選択する傾向があるという。方面では、沖縄への旅行者が好調に推移した。

 また、外国人旅行も32.1%増の78億2730万円と前年を上回った。訪日ビザの緩和効果で、引き続き東南アジアからの旅行者が増加したという。

 募集型企画旅行のみでは、国内は取扱額が1.9%増の655億7151万円と増加するも、取扱人数は2.6%減の241万4909人と減少。単価は4.7%増の2万7153円となった。外国人旅行は取扱額が33.2%増の3億6126万円、取扱人数も40.7%増の2万2994人と増加。単価は5.3%減の1万5711円と減少した。

 企業別で見ると、国内旅行の取扱額が最も高かったのはジェイティービー(JTB)グループ15社計で1.6%増の705億5295万円。ついで、KNT-CTホールディングス9社計が1.0%減の295億9428万円、楽天が5.7%増の246億1384万円となった。

 伸び率では、エアーリンクが153.9%増の1億2462万円と最も伸長。また、エイチ・アイ・エス(HIS)が21.4%増の30億9345万円と増加するなど、取扱額が10億円を超える企業では20社がプラス成長となった。

 一方、外国人旅行では、取扱額が最も高かったのはJTBグループ15社計で26.6%増の34億4901万円。このうち、JTBグローバルマーケティング&トラベルが39.0%増の29億2558万円となった。JTB以外では、日本旅行は45.6%増の16億1520万円、KNT-CTホールディングス9社計は39.9%増の11億3287万円だった。

 なお、海外旅行の取扱額は2.4%増の1838億1221万円で、合計は2.3%増の5001億8011万円となった。

▽主要旅行会社取扱概況(Excelファイル)
6月単月

※海外の詳細は別途掲載(関連記事)

■国内・訪日ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ワンクリックアンケート

昨年、プライベートで海外旅行に行かなかった最大の理由は何ですか?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ