JR東日本とJAL、台湾の旅行会社を共同運営-東北への訪日誘客強化で

  • 2014年6月3日(火)

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と日本航空(JL)は6月3日、訪日旅行者の拡大強化をはかり、両社のグループ会社を通じて台湾で旅行会社を共同運営することで合意した。びゅうトラベルサービスが、ジャルパックの子会社である台湾の旅行会社「創造旅行社股フン(※)有限公司(CTT)」の株式の49%を取得し、7月から共同で事業を運営していく予定。関係当局の認可が前提だ。

 びゅうトラベルサービスとCTTは2007年から提携を実施しており、CTTでは東北を中心にJR東日本の鉄道を活用した商品を販売してきた。JLによると、東北への台湾の訪日旅行者の更なる誘客をはかるため、共同運営の実施を決定したという。

 JR東日本グループでは、2020年までの経営構想「グループ経営構想V~限りなき前進~」の重点取組事項の1つとして観光立国の推進をかかげており、海外販売体制構築のため海外の旅行会社との連携強化や、東北への訪日需要拡大に向けた「東日本版ゴールデンルート」の立ち上げ、コンセプト列車の運行などに取り組んでいるところ。今回の提携で、CTTへの出資を通じてJALグループとの連携をさらに強化し、台湾市場に対し新たな鉄道旅行商品を提案することで、交流人口拡大に向けて取り組んでいくとした。

 一方、JALグループでは国際線ネットワークを活用したアジアからの訪日需要獲得を目的にJR東日本との連携を強化。東北を中心としたJR東日本の鉄道利用商品の拡充や、個人型旅行商品をはじめとする訪日旅行商品の付加価値向上をはかっていく方針だ。

 今回の提携により、両者の強みである「陸」と「空」を活かした新たな旅行商品を開発していく。具体的には、東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」やSL銀河など、乗って楽しめる列車を利用した商品などを造成していく考え。販売時期は現在調整中とした。

※フンは人偏に分

■国内・訪日ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ