フォトニュース:「JAL SKY NEXT」機内公開、全席本革で

  • 2014年6月3日(火)

クラスJ。2-4-2の配列で、赤と黒を基調にしている(※クリックでフォトニュースに移動) 日本航空(JL)はこのほど、国内線の新仕様機「JAL SKY NEXT」初号機をプレス向けに公開した。初号機はボーイングB777-200型機で、全座席に本革を使用したほか、LED照明なども導入して機内インテリアを一新したもので、同社執行役員顧客マーケティング本部長の加藤淳氏は、「大変壮観だ」と胸を張った。運航は5月28日から、羽田/福岡線の3便を皮切りに開始している。

 JAL SKY NEXTでは、従来のファーストクラスに加え、新たに普通席とクラスJにも本革を採用し高級感を演出。加藤氏は、「クッションを工夫し、ステッチを入れるなどして、滑りにくく安定感がある座席に仕上げた」とアピールした。そのほかにも普通席のスリム化を実現し、足元の快適さを向上させたという。また、機内照明をLED化して、複数の照明パターンを準備。フライト中の時間帯や季節の変化に応じた演出をおこなうとした。

 加えて7月からは、機内Wi-Fiサービスも開始。利用客には有料でインターネット接続を提供するほか、無料の機内エンターテインメントも提供する。JAL SKY NEXTは今後、B777-300型機、B767-300型機、B737-800型機などに導入する予定で、それぞれ導入時期は8月、9月、10月を予定しているという。今回は、イメージを一新した機内の様子を紹介する。

■■■ フォトニュースに移動 ■■■

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ