トップインタビュー:Ctrip Air Ticketing Japan GMの吉原氏

新会社で日本の海外旅行市場に本格参入
「Ctrip=中国」のイメージを刷新

  • 2017年8月16日(水)

 中国大手OTAのCtripは、日本市場での海外旅行の販売強化に向け、6月末に日本人向けのマーケティングなどを担当するCtrip Air Ticketing Japanを立ち上げた。新会社のジェネラル・マネージャーには、2015年末からCtrip国際事業部で日本国内のマーケティング責任者を務めてきた吉原聖豪氏が就任。吉原氏に、今後の日本市場における活動方針などをうかがった。


-新会社設立の経緯を教えてください

吉原聖豪氏(以下敬称略) Ctripはもともとアジア全体の旅行需要を取り込もうとしていたが、ここ数年は中国人の需要が非常に伸びていたので、手が回らなかった部分があった。日本では14年にCtrip Japanを設立し、訪日中国人旅行者の受け入れに取り組んできたが、日本人の海外旅行については13年ころに日本語ウェブサイトを開設したきりで、これまでは本格的にアピールしてこなかった。

 Ctripでは上海の本社が中国語簡体字のウェブサイトを、私が所属していた国際事業部が他の言語のウェブサイトを担当している。中国以外では日本、香港、韓国、台湾、シンガポール、東南アジア、欧州などの市場をターゲットにしているが、近年は特に日本、香港、韓国のユーザーが増加しており、この3市場への投資を強化している。昨年にスカイスキャナーを買収したこともあり、会社全体で中国以外の市場でのシェアを取りにいこうと考えている。

 日本市場の規模は中国市場に比べるとまだまだ微々たるものだが、急拡大している。我々のシェアは他のOTAと比べるとまだまだ小さいが、3年後にはOTAの1つの選択肢としてユーザーに覚えてもらえるようになりたい。

 日本では海外旅行と国内旅行の双方でシェアを取りたいが、まずは日本人の取り扱いの約9割を占める海外旅行に注力し、本格的なマーケティング活動をおこなう計画だ。法律上の問題などから日本法人があったほうが活動しやすいことなどから、今年の6月末にCtrip Air Ticketing Japanを設立した。第3種旅行業の取得を検討中だ。

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TIC事業継承
ビズリーチ

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ