フィンランド航空、ヘルシンキ/デリー線を週3便で就航、来春には週5便へ

  • 2006年11月7日(火)
 フィンランド航空(AY)は冬期スケジュールから、ヘルシンキ/デリー線の運航を開始した。今回の新路線はデリーから北欧への唯一の直行便。機材はボーイングMD11型機を使用。運航スケジュールはまず週3便体制とし、来春には週5便体制での運航を予定している。AYはアジアへの就航30周年を迎えると共に、今回のヘルシンキ/デリー線の運航開始でアジア就航都市は10都市となる。
 AYは12月から、成田線を週2便から週4便へと増便するほか、冬期スケジュールに限りバンコク線をダブルデイリーで運航する。さらに、来春からはクアラルンプール線の就航を予定しており、順調にアジア・ネットワークの拡充を進める。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

IT産業国だと思う国は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ