シンガポール航空、新型機B777を12月からアジア路線にも投入へ

  • 2006年10月31日(火)
 シンガポール航空(SQ)は12月から投入するヨーロッパ路線に加え、アジア、アメリカ路線にといてもボーイングB777-300ER型機を導入する。SQは先ごろ、B777-300ER型機において、ファーストクラスは従来から約1.5倍の幅となる約89センチ、ビジネスクラスも従来の約1.5倍の幅となる約76センチの座席とする機材を発表しており、この機材を幅広い路線で導入することで、新しい機能や座席を旅客に楽しんでもらう。

 なお、就航予定としては12月にシンガポール/パリ線での導入を皮切りとして、シンガポール/香港線、シンガポール/ミラノ/バルセロナ線、2007年1月からシンガポール/チューリッヒ線、3月にはシンガポール/ソウル/サンフランシスコ線、5月にはシンガポール/フランクフルト線を予定している。

(写真:SQ新機材のファーストクラス)

■海外ニュース

OFC無料講座
求人広告
ワンクリックアンケート

健康で気を使っていることは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ