フィンランド航空、名古屋/ヘルシンキ線就航などアジア線が好調

  • 2006年7月12日(水)
 フィンランド航空(AY)の6月の輸送実績によると、定期便全路線における旅客運送量を示す有償旅客キロ(RPK)は前年同月比で13.4%増、ロードファクターは5.2%ポイント増の76.2%、総旅客数は9.0%増の67万9500名であった。また、アジア路線は6月4日の名古屋/ヘルシンキ線の就航が寄与し、旅客輸送力を示す有効座席キロ数(ASK)が19.7%増、RPKが前年同月比で27%増となり、ロードファクターは4.7%ポイント増の80.6%と好調だ。

 さらに、定期便全路線にレジャー部門(チャーター便を主とする不定期運航路線)を加えたフィンランド航空グループ全体での総旅客数は、前年同月比5.2%増の81万5100名、ASKは2.9%増加、RPKは7.8%の増加、ロードファクターは3.5ポイント増の78.7%であった。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

IT産業国だと思う国は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ