--- 利用規約 ---

「日刊トラベルビジョン」メールマガジン利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社エフネス(所在地:東京都千代田区九段南3-3-6)(以下「当社」といいます)が発行するメールマガジン「日刊トラベルビジョン」(以下「本サービス」といいます)の利用に関し適用されます。

本サービスの利用申込手続きを完了し「同意する」ボタンをクリックすると、本規約の全ての条件に同意したことを意味します。本規約に同意した本サービスの利用者を以下「利用者」といいます。

第1条(個人情報の定義)

「個人情報」とは、利用者に関する情報であって、利用者が本サービスの利用申込手続きを行う際に登録する情報のうち当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の利用者を識別できるもの(他の情報と容易に照合でき、それにより特定のユーザー利用者を識別できるものを含みます。)をいいます。

第2条(個人情報の使用)

1.当社は、利用者が本サービス及び当社が運営するTravel Visionウェブサイト(URL: http://www.travelvision.jpおよびhttp://www.travelvision.co.jp)(以下「本サイト」といいます)を利用する過程において当社が知り得た利用者の個人情報を、本サイト上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づいて適切に取り扱うものとし、本サービスの配信とともに以下の各号に定める目的に利用することができるものとします。

(1)セミナー等イベント開催情報の提供

(2)優待料金情報の提供

(3)求人情報の提供

(4)キャンペーン情報の提供

(5)当社サービス情報の提供

(6)その他当社が社会通念上適切と認める広告の提供

2.当社は、前項の利用目的以外の目的で個人情報を利用する場合には、あらかじめ利用者の同意を得たうえで利用するものとします。

3.当社は、利用者に対して個人情報の提供先とその利用目的を通知し、利用者の承諾を得ること(画面上それらを明示し、利用者が拒絶する機会を設けることを含みます)を行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。

4.当社は、前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合に、個人情報を開示、提供することがあります。
(1)本条第1項及び第2項の利用目的の実施に必要な範囲で個人情報の取扱いを委託先に委託するために、個人情報を当該委託先に開示、提供することがあります。
(2)本サービスの営業譲渡等、事業の承継に伴って利用者の個人情報が提供される場合に、個人情報を当該承継先に開示、提供することがあります。

5.本条第3項の規定に拘わらず、当社は以下の各号の場合に、利用者の承諾なく個人情報を開示、提供することがあります。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、利用者の同意を得ることが困難である場合
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

6.利用者は、当社に登録した個人情報を照会又は変更することを希望する場合には、法令及び別途当社が定める規則に従ってかかる照会又は変更を請求することができるものとします。なお、婚姻その他法令により氏名の変更が認められる場合を除き、利用者が当社に登録した自らの氏名を変更することはできないものとします。


第3条(本サービス内容の変更・中断・停止)

1.当社は、利用者の承諾なく、また利用者への事前の通知を行うことなく、任意に本サービスの全体又は一部を変更すること、又は中止することができるものとします。

2.当社は、以下に該当する場合、利用者の承諾を得ることなく、また、利用者の事前の通知を行うことなく、本サービスの全体又は一部を一時中断又は停止することができるものとします。
(1)本サービスを提供するネットワークシステムの定期的な又は緊急な保守又は更新を行う場合
(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、火災、停電、天災等の不可抗力により、本サービスの提供が困難になった場合
(3)その他、不測の事態により当社が本サービスの提供が困難と判断した場合

3.当社が本サービスを変更、中止又は一時中断若しくは停止した場合であっても、当社は、利用者に対していかなる責任も負わないものとします。


第4条(免責)

1. 当社は、利用者に対し、当社が本サービスにおいて提供するすべての情報について、その正確性、有用性、最新性、適切性等その内容について何ら法的保証をするものではありません。

2. 当社は、利用者に対し、本サービスの利用に起因し又は関連して利用者が被った損害について、何ら責任を負わないものとします。

3. 本条第2項に関わらず、当社は利用者に対し、本サービスを提供するにあたり、当社の故意または重大な過失に基づく債務不履行または不法行為に起因して利用者に損害が生じた場合、現実、直接かつ通常の損害に限り賠償するものとします。但し、利用者に発生した機会の逸失、業務の中断、又は間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益に対して、例え当社がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしてもいかなる責任も負いません。



第5条(著作権)

1.利用者は、いかなる方法においても、当社から本サービスを通じて提供されるいかなる情報を、複製、自動公衆送信、送信可能化、転載、転送、加工、二次利用、使用許諾する等、著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲外で使用することはできないものとします。

2.本規定に違反して問題が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。


第6条(通知及び同意方法)

1. 当社から利用者への通知は、本規約に別段に定めのある場合を除き、本サイト上の一般掲示又はその他当社が適当と認める方法により行うものとします。

2.本条第1項の通知が本サイト上の一般掲示で行われる場合、当該通知が本サイト上に掲示された時点をもって利用者への通知が完了したものとみなします。

3.当社は、上記の方法により利用者に通知を行った場合、別段の利用者からの異議申し立てがない限り、通知日をもって、利用者が同通知の内容に同意したものとみなします。

4. なお、本規約の変更については、当該通知後に引き続き本サービスを利用した場合、利用者は通知日をもってその変更内容に同意したものとみなします。